2018年5月19日 秋のセミナー活動報告

春の卒後教育セミナー
" 女性作業療法士応援企画!〜働き方を考えよう〜" が開催されました。参加者の皆様お疲れ様でした。
今回は、結婚、出産、子育てなどの様々なライフイベントを経験しながら作業療法士として働く3名の講師の先生をお呼びしてのセミナーとなりました!
  今後を考える機会となると共に職場スタッフに対しても意識改革や働きかけを継続していくことが必要であると感じられる内容でした。
  アンケート調査の結果からは、今回も満足度の高いセミナーとなりました。
  また、とてもいい内容であり、現在の職場のスタッフに対しても意識改革をしていく必要があると感じました!今までの人生で結婚、出産、育児について考えること知ることもほとんどなかったので貴重な機会でした!などのコメントを頂けました!
講師の先生方、参加者の皆様お疲れ様でした!

 

2017年11月18日 秋のセミナー活動報告

秋の卒後教育セミナー

" 作業療法士をいきる " が開催されました。参加者の皆様お疲れ様でした。

今回は身体・精神障害領域で活躍される先生方、研究・教育領域、地域の領域で働かれる先生、青年海外協力隊として働いた経験をもつ作業療法士の先生を」お呼びして、作業療法士として生きていくというテーマに対して、自身の 【作業療法()】のお話から様々な経験や、作業療法士をいきる 上で大切にしていること などを発表して頂きました。

若手の作業療法士の他にも大学生、高校生の参加もあり、 実際に作業療法士として活動している先生方の話を聞けることは今後の人生設計や挑戦について考える良い機会になったようです。

作業療法士という仕事は自我同一性を保つのが難しい仕事でもあり、講義をして下さった先生方もアイデンティティクライシスを経験してきたという話がありました。参加者からの質問に対しても「みんなが悩むことだから、大いに悩めばいい」という話もあり、 若手の作業療法士からは「患者様の可能性を引き出せるように明日からも頑張ろうと思いました」という感想や、今後作業療法士になっていく学生の皆さんからは、「先生方も沢山悩んだり考えたりしながら働いてきたことを聞いて自分も頑張ろうと思えました」との感想も頂けました。

"作業療法士としてどのように生きていくか" というテーマに対する先生方の答えはそれぞれの置かれた立場によって様々でしたが、対象者と向き合い、考え、共に悩みながら導き出していくことが大切だということを改めて確 認できるセミナーとなったのではないでしょうか。

今回のテーマでのセミナーは初の試みでしたが、アンケート調査の結果から、とても満足度の高いセミナーとなりました。

講師の先生方、本当にありがとうございました!

2017年5月27日 春のセミナー活動報告

セラピストの為のシーティング入門〈基礎から応用〉

坐り方ひとつで世界が変えられる~ が開催されました。参加者の皆様お疲れ様でした。

 「人間はそもそも坐れる動物だか知っていますか?」「あなたは椅子のことをどれだけ知っていますか?」とセラピストの資格を持っていながらもうまく答えられないことにドキッとさせられた先生方も少なくなかったのではないでしょうか?

 
ちまたで起こっている椅子問題の解決方法がシーティングであり、シーティングは坐り心地よい椅子を提供する技術である。シーティングは10分もあればできる環境設定であるが、やらなければ対象者の方々に不利益をもたらしてしまうということ。
 
見過ごしてしまいがちなシーティングですが、ちゃんと坐らせることがいかに大切かを改めて学ぶことができました。セラピストとしてシーティングの知識と技術は必須ですね!
どの施設でも準備しやすいタオルを使ったシーティングの方法論は、参加されていた若手の先生方にもわかりやすく明日からの臨床にすぐに活かせる内容だったようです。

 
今回のセミナーには昭和の卒業生以外の方も多く参加されており、アンケート調査の結果からも、とても満足度の高いセミナーとなりました。

 

講師の串田英之先生、本当にありがとうございました!

 

 なお、定員に達してしまった関係でセミナーに参加できなかった先生方は申し訳ありませんでした。講師の先生は書籍も執筆されていますので書店にてお手にとって頂けると幸いです。